住みやすい家に変える|リノベーションで機能性をアップしよう

男の人
このエントリーをはてなブックマークに追加

ローン返済に困った時は

メンズ

住宅購入には綿密なローン返済計画を立てるものです。けれども予期せぬ出来事によりローン返済が困難になることがあります。返済の見通しが立たずに滞納が続けば、住宅は差し押さえられてしまいます。やがて競売によって安く売却されることになります。もちろん、残った住宅ローンは返済する必要があります。そこで、ローン返済が困難となったならば、早めに任意売却の相談をすることが必要です。任意売却は銀行と交渉して住宅を売却することです。けれどもローンを払い終えることができずに残債が残る可能性があります。それをどのように支払っていくのかを相談することになります。無理のないように分割払いにしたり、場合によっては債務を圧縮することも可能となります。

任意売却は専門業者に頼むのが一般的です。その理由は、ローンの融資をしている金融機関との交渉に長けているからです。多くの金融機関は、任意売却には消極的です。ローンを全て回収できないリスクと、その後の回収コストを嫌うからです。それよりも、保証会社から代位弁済をしてもらう方がリスクが少ないと判断します。そのような金融機関相手に、ローンの残債をどのように返済するのか交渉することができます。さらに債務者の負担を減らすために、時に債務圧縮も可能とします。また安心して相談できる理由は、債務者の生活再建を目的として売却活動を行うことです。金融機関との相談でも、物件の売却後の引越し費用も手元に残せるように交渉してくれます。